文学

「文学」についてのメモ。文学とは…
HOME > 文学

文学 †

  • 擬古典主義
    • 国粋主義を背景に江戸文学を模範としつつ,素材を写実的に扱う古典回帰傾向の文学。
    • 尾崎紅葉『多情多恨』『金色夜叉』
    • 幸田露伴『五重塔』
  • 浪漫主義
    • 自由で情熱あふれる感情の解放を主張する。
    • 森鷗外『舞姫』
    • 北村透谷『内部生命論』
    • 泉鏡花『高野聖』『歌行燈』
    • 国木田独歩『武蔵野』
    • 樋ロ一葉『にごりえ』『たけくらべ』
  • 自然主義
    • 浪漫主義の自我尊重,個性尊重とゾライズムの観察的態度を継承。人間のあるがままの姿を描く。
    • 島崎藤村『破戒』『夜明け前』
    • 田山花袋『蒲団』『田舎教師』
  • 余裕派・高踏派
    • 漱石と鷗外の理知的で論理的な独自の文学世界。
    • 森鴎外『雁』『阿部一族』『高瀬舟』『山椒太夫』
    • 夏目漱石『三四郎』『それから』『門』『草枕』『明暗』
  • 耽美派
    • 官能的,享楽的,感覚的な美を追求する。
    • 永井荷風『すみだ川』
    • 谷崎潤一郎『刺青』『細雪』
  • 白樺派
    • 肯定的人間観,理想主義,人道主義的傾向が強い。
    • 武者小路実篤『友情』『お目出たき人』
    • 志賀直哉『城の崎にて』『暗夜行路』
    • 有島武郎『或る女』『カインの末裔』
  • 新思潮派
    • 近代個人主義の立場から,現実を新しく解釈しようとした.
    • 芥川龍之介『羅生門』『地獄変』『河童』
    • 菊池寛『父帰る』
  • プロレタリア文学
    • マルクス主義の立場で,労働者の生活や思想を描いた。
    • 小林多喜二『蟹工船』
  • 新感覚派
    • 敏感な感覚で対象をとらえ,表現の革命を目指した。
    • 横光利一『日輪』
    • 川端康成『伊豆の踊子』『雪国』
  • 新興芸術派
    • 反マルクス主義の立場で芸術の自立性を唱えた。
    • 井伏鱒二『山椒魚』『黒い雨』
  • 新心理主義
    • 欧米の心理的現実主義の影響を受け,精神の内面を描出することで,現実に肉薄しようとする心理的リアリズムを主張。
    • 堀辰雄『聖家族』『風立ちぬ』
  • 無頼派
    • 既成のモラルヘの反逆と現実への絶望とを,自己の自虐的な燃焼により描こうとした。
    • 太宰治『人間失格』『斜陽』
  • 戦後派
    • 戦争の悲愴な体験を持つ世代が,敗戦後の社会の混乱と頽廃を投影し,新しい時代の文学を創造しようとした。
    • 三島由紀夫『金閣寺』
    • 安部公房『砂の女』
  • 現代文学
    • 第三の新人など





2007-03-10 (土) 21:48:19 (3758d)