文明の衝突

「文明の衝突」についてのメモ。文明の衝突とは…
HOME > 文明の衝突

Clash of Civilizations

文明の衝突 †

西洋キリスト教文明と,イスラム文明や儒教文明などとの価値観の衝突のこと。欧米社会におけるイスラム脅威論の根拠ともなった。

〔アメリカの政治学者サミュエル・ハンチントン(Samuel P. Huntington)が 1993 年に発表した同名の論文から〕

冷戦が終わった現代世界において、文明と文明との衝突が対立の主要な軸であると述べる。 とくに文明と文明が接する断層線で紛争が起こると指摘。

  • ポスト冷戦の世界においては、イデオロギーに代わり異なる文明間の衝突が主たる紛争要因になるという主張で、アメリカの政治学者S.ハンチントン(Samuel P.Huntington)が唱えた。
  • 世界の文明圏を中華、日本、ヒンズー、イスラム、西欧、東方正教会、ラテンアメリカ、アフリカの8つに分類し、西欧対非西欧の対立、とりわけ西欧文明とイスラム文明の対立は激化し、和解はないとする。
  • アイデンティティーや宗教などを国際社会の分析の主な要素とする新たな理論的可能性を示す一方で、自由主義対社会主義という冷戦型の二項対立が解決した後も、さらに世界を二項対立の原理でとらえようとするアメリカの政治思潮の危うさも示している。

米国ハーバード大学教授のサミュエル・ハンチントンが、雑誌「フォ
 ーリン・アフェアーズ」(1993年)に書いた論文名に由来する、東西
 冷戦構造崩壊後の新たな世界情勢についての言説。東西冷戦構造が崩
 壊した後、湾岸戦争をきっかけとして、今後の紛争の火種はイデオロ
 ギーではなく、文明同士の抗争であるという議論が起こってきたが、
 ハンチントンの論文は、そうした議論を受け、それを「文明の衝突」
 というキャッチ・コピーにして一種の流行を生み出した。文明間の抗
 争といった場合、ここで主として論じられるのは西欧文明圏と非西欧
 文明圏との抗争である。しかしその場合、鍵を握るのはむしろ、普遍
 的な文明としての西欧文明の危機である。文明の衝突という激しい言
 葉とは裏腹に、西欧文明への不安が語られ、それが非西欧文明との衝
 突という言葉で説明されている。もちろん、国際政治の中でのこの言
 説の意味は、西欧支配への危機、かつての黄禍思想の焼き直しでもあ
 る。従って、文明の衝突は、帝国という言説に似ていなくもない。
▲知恵蔵2005[現代の思想]分野より






2007-03-10 (土) 21:48:21 (3758d)