変動相場制

「変動相場制」についてのメモ。変動相場制とは…
HOME > 変動相場制

変動相場制 †

変動為替相場制

変動相場制
自由変動相場制
フロートともいう。

固定為替相場制度とは反対に為替相場の決定を為替市場の需給にまかせる制度。この制度には,制限付管理変動相場,制限付無管理変動相場,無制限管理変動相場があり,ほかに無制限無管理変動相場もあるが,為替相場の変動を一定のルールによって拘束しないもので為替相場とはいえない。固定為替相場制度と比較した場合次のような特徴がある。

変動相場制の長所

  1. 為替相場の騰落が国際収支の不均衡是正,均衡維持を達成するため,外貨準備の過不足問題を解消する。
  2. 対外均衡達成を為替相場の変動にゆだね,金融・財政政策を国内不均衡の是正に動員することができるので,内外均衡を同時に達成できる。
  3. 固定為替相場制下では一国の為替相場の切下げ,切上げ不可避の情報が伝えられると投機筋が当該国通貨の売買投機に出動する。切上げ,切下げが実行されれば,わずかの投機費用ですむ投機の利益は大きい。しかし変動為替相場制下では投機の費用,危険が大きいため,為替投機の抑制効果が大きい。

変動相場制の短所

  1. 変動為替相場は貿易業者および他の国際取引業者の採算基礎を不明確にし,危険を大きくする。先物為替の機能すなわち先物カバーによって為替リスクを回避し,採算不安定の是正の方法はあるが,その費用が大きいことと,1年以上の長期ものに対しては先物カバーをとることが事実上不可能なため国際取引を縮小させる。
  2. 金融・財政政策は対外均衡維持に動員されず,国内不均衡の是正に力を集められるが,国際収支の不均衡是正,均衡維持が達成されているので国内均衡の配慮は薄くなる。とりわけ国内インフレーションの是正努力が減退する。
  3. 為替リスクが大きいため長期国際投資を阻害する。





2007-03-10 (土) 21:48:30 (4148d)