保元の乱

「保元の乱」についてのメモ。保元の乱とは…
HOME > 保元の乱

保元の乱 †

  • 保元元年(一一五六)京都に起こった内乱。
  • 皇室では皇位継承に関して不満を持つ崇徳上皇と後白河天皇とが、摂関家では藤原頼長と忠通とが対立し、崇徳・頼長側は源為義・平忠正の軍を招き、後白河・忠通側は源義朝・平清盛の軍を招いて交戦したが、崇徳側が敗れ、上皇は讚岐(さぬき)に流された。
  • 貴族の無力化と武士の実力を示した事件で、武士の政界進出を促した。

1156年(保元1)京都に勃発した内乱。皇位継承に関する崇徳上皇と後白河天皇との対立に、摂関家の藤原頼長と忠通との家督争いが結びつき、上皇・頼長側は源為義・平忠正、後白河・忠通側は源義朝・平清盛らの武士団を招じ入れて戦い、上皇方が敗北した。上皇は讃岐に流され、頼長は戦傷死した。この乱は、のちの武家政権成立への端緒をなした。






2007-03-10 (土) 21:48:32 (5335d)