保護貿易

「保護貿易」についてのメモ。保護貿易とは…
HOME > 保護貿易

protection

保護貿易

国内産業の保護育成のため、国家が対外貿易に干渉し、輸入制限や関税の賦課を行うこと。

国内産業を保護,育成するために国家の保護貿易政策あるいは制度のもとで行われる貿易。経済政策に関する立場としては自由貿易と対立するものである。保護貿易は歴史的にもまた現在でも主として産業の発展が遅れた発展途上国によって行われているが,先進国でも失業の増加や長期的な国際収支の悪化に直面すると保護貿易に傾きがちになる。保護貿易のためには通常は関税政策のほか種々の貿易管理手段(輸出入の禁止,許可制,割当など)がとられるが,これらの国家による直接的統制による外国貿易は統制貿易と呼ばれるべきものである






2007-03-10 (土) 21:48:33 (4181d)