法と経済学

「法と経済学」についてのメモ。法と経済学とは…
HOME > 法と経済学

Law and Economics

法と経済学 †

  • 新古典派経済学の手法を利用して、法的理論を分析する経済学の学問領域。

18世紀の初頭に、アダム・スミスは重商主義者の立法がもたらす経済的効果を議論した。 その後も、独占禁止法や証券取引法などの分野においては、経済学的アプローチが用いられた。しかし近年まで、経済学が、市場外の活動を調整する法律の分析に適用されることはなかった。1961年に、ロナルド・コースおよびグイド・カラブレイジは、「社会的費用の問題」および「危険分配と不法行為法に関する若干の考察」という論文を、それぞれ独自に公表した。これらが、現代における法と経済学の起源であるとみなされている。 1970年代以降、アメリカの主なロースクールで法と経済学の教育プログラムが設けられるようになった。今日では、法と経済学はハーバード、エール、シカゴ、スタンフォード、ジョージタウン、ミシガンなどのロースクールで発展を続けている。

wikipedia






2007-03-10 (土) 21:48:40 (5335d)