貿易依存度

「貿易依存度」についてのメモ。貿易依存度とは…
HOME > 貿易依存度

貿易依存度 †

一国の経済が貿易に依存している度合いを示す指標。国民総生産または国民所得に対する輸出額・輸入額の比率で表す。

一国の国民経済のなかで貿易の占める比率。輸入額÷国民総生産GNP(または国民所得)を輸入依存度といい,その国の輸入需要構造を示し,輸出額÷国民総生産(国民所得)を輸出依存度といい,輸出供給構造を表わす。短期的には両者は必ずしも一致しないし,意味内容も異なるので両者を総合した意味で,(輸出額+輸入額)÷国民総生産(国民所得)を貿易依存度とする。開放経済体制の目安ともなるが,依存関係を重視するときには全体の輸出入額ではなく,国内の個々の基幹産業製品や原材料についての海外依存度,つまり(輸入額−輸出額)÷(国内生産額+輸入額−輸出額)や自給率にも注意が必要






2007-03-10 (土) 21:48:45 (3793d)