民事再生法

「民事再生法」についてのメモ。民事再生法とは…
HOME > 民事再生法

民事再生法 †

破綻後でないと再建手続きが開始申し立てできない和議法に代わり,経営不振の企業が破綻前に裁判所に再建手続きを申し出て,事業の維持・再建を図ることを定めた法。1999 年(平成 11)制定,同法の施行(2000 年 4 月)に伴い和議法は廃止。2000 年住宅資金貸付債権,小規模個人再生,給与所得者等再生に関する特則が制定(施行は 01 年 4 月)され,個人債務者救済に道が開かれた。

和議法に代わる倒産手続きで、経営が行き詰まった企業の再建を目指す。平成12(2000)年4月施行

民事再生法
経済的に窮境にある債務者が、合理的、かつ機能的に経済生活の再生を図ることを目的に立法された。すべての法人、個人が、破産状態となる前に申し立てが可能。破産原因がなくても手続きが開始できる。手続き開始の後、裁判所が定める期間内に再生計画案を作製し、提出。計画の履行を怠ると、裁判所が再生計画を取り消すことができる。その場合、破産宣告される。






2007-03-10 (土) 21:48:57 (3790d)