民政党

「民政党」についてのメモ。民政党とは…
HOME > 民政党

民政党 †

  • 立憲民政党」の略称。
    立憲政友会と並ぶ昭和初期の大政党。憲政会と,立憲政友会から分裂した政友本党とが合同して1927年6月1日結党した。総裁に浜口雄幸,顧問に若槻礼次郎,床次竹二郎,武富時敏,山本達雄らが就任し,綱領に(1)天皇治下の議会中心政治,(2)社会不安の一掃,(3)国際正義,(4)時代錯誤の陋習打破などを掲げた。立憲民政党結成により同党は一挙に議員数219名を擁する第1党となった。しかし,翌28年2月20日の第1回普通選挙では216議席,1議席差ではあるが政友会に敗れ,第2党となり政友会の田中内閣を倒すにいたらなかった。しかし同年6月4日関東軍の謀略で起された張作霖爆死事件は田中内閣総辞職をきたすことになった。翌年1月25日の議会における中野正剛の質問に始った民政党の攻撃の前に同7月2日田中内閣は総辞職。同日ついに民政党による浜口内閣が実現した。同内閣は大蔵大臣に井上準之助をおき,30年11月金解禁を断行し,また外務大臣に幣原喜重郎を据え,ロンドン軍縮会議では,軍部,政友会の強い反対を押切って条約締結に成功したが,31年4月浜口がテロに倒れてのち首相代理幣原の不手ぎわも加わり同13日総辞職に追込まれるにいたった。翌日成立した第2次若槻内閣もまた,満州事変不拡大方針が敗れ,内相安達謙蔵が民,政両党提携を唱え,若槻の辞職勧告を拒否した閣内不統一もあって同12月11日総辞職,政権を犬養政友会内閣に譲るにいたった。しかし,犬養内閣も五・一五事件で倒れ,ここに政党内閣の時代は終った。さらに二・二六事件以後,民政党は40年斎藤隆夫を反軍演説の理由で除名し,軍部の圧力に屈し,同年7月永井柳太郎ら40名の脱党を機に,同8月15日解党,近衛文麿の新体制協議会に吸収された。→16-365 浜口雄幸,18-823 満州事変





2007-03-10 (土) 21:48:59 (4547d)