明治憲法

「明治憲法」についてのメモ。明治憲法とは…
HOME > 明治憲法

明治憲法 †

1889年2月11日に公布された憲法で,略して「帝国憲法」,あるいは「明治憲法」といわれる。現在の日本国憲法の発布までの最高法規であり,有効時に改正されたことがない。ドイツ・プロシアの立憲君主制を範としたもので,その制定は81年の政変に際して決定された。88年伊藤博文,井上毅,金子堅太郎,伊東巳代治によって最終草案が完成,枢密院の議を経て翌89年,欽定憲法として発布,90年11月29日に施行された。内容は,7章76条からなり,まず第1条に天皇主権を定め,ほかにも天皇の大権を大幅に規定した。臣民の権利の規定,君主に対する大臣助言制,司法権の独立など一応近代的立憲制の体制をとりながら,貴族院を衆議院に対立させ,選挙資格を直接国税15円以上の納付者に制限した。また憲法と並んで『皇室典範』が最高の成文法とされたため,憲法は統治権そのものに対して決定権が及ばぬこととなり,実質的には2つの成文憲法が存在する形となった。1947年5月3日日本国憲法の施行とともにその効力は消滅した。

大日本帝国憲法






2007-03-10 (土) 21:49:07 (3934d)