孟子

「孟子」についてのメモ。孟子とは…
HOME > 孟子
  • もうし

孟子 †

  • 前372-前289
  • 中国、戦国時代中期の魯の思想家。名は軻、字(あざな)は子輿・子車。孔子の思想を継承し祖述して「孟子」を残す。
  • 諸国を遊説したがいれられず、故郷の鄒(すう)(山東省)で門人の教育にあたった。
  • 仁や孝悌を重んずるとともに性善説に基づいた王道政治を説き、富国強兵は覇道であるとして反対した。
  • 後世、「孔孟」と並称される。
  • 孔子の没後100年後に活躍した儒家の思想家。
  1. 性善説と仁義
    • 人間の本性を善であるとする思想。孟子は人間には四端とよばれる四つの心が備わっていて,そこから四つの徳(四徳:仁・義・礼・智)が発現するとした。
  • 四端と四徳
    四端忍びざるの心羞悪の心辞譲の心是非の心
    西徳
  • 孟子は四徳のうち,とくに孔子のいう仁とならんで義を重視した(仁義)。義とは正しい道理のことで,仁を実現するための具体的な行動基準。
  • また守るべき道徳として五倫(親・義・別・序・信)を説いた。
    • 親:父子の親
    • 義:君臣の礼儀.
    • 別:夫婦(男女)の区別
    • 序:兄弟の序列
    • 信:朋友(友達)の信頼
  1. 王道と易姓革命
  • 孟子は仁義にしたがって政治をおこなうことを王道とよび,武力によって統治を実行する覇道に対置した。また仁義に反し,民衆の支持を失った君主は天の命によって政権交代せねばならず,この政権交代を易姓革命とよんだ。
  • 民主主義の要素を含んだ王道・易姓革命の思想は,中国政治において支配の正統性を付与するために利用された。

孟子(書) †

中国、戦国時代の思想書。七編。孟子の言行をその弟子たちが編纂(へんさん)したもの。民生の安定、徳教による感化を中心とする王道政治を主張し、また性善説に基づく道徳論・修養論を展開している。その文章は議論体の古文の模範とされる。四書の一で、儒教の必読書とされた。

孟母 †

孟子の母。賢母として名高い。

孟母三遷の教え †

〔「列女伝」から。孟子の母が、はじめ墓所の近くに住んでいたところ、孟子が葬式のまねをして遊ぶので市中に引っ越した。今度は商売のまねをするので学校のそばに引っ越した。すると礼儀作法をまねたのでそこに居を定めたという故事〕教育には環境からの感化が大きいという教え。三遷の教え。

孟母断機の教え †

〔列女伝〕孟子が学業半ばにして帰省した際、孟子の母が織りかけの機(はた)の糸を断ち切り、学業を中途で放棄することはこのようなものであるといましめた故事。断機の戒め。






2007-03-10 (土) 21:49:10 (4635d)