輸出代替効果

「輸出代替効果」についてのメモ。輸出代替効果とは…
HOME > 輸出代替効果

輸出代替効果

 従来、輸出されていた品目が直接投資などによって輸出されなくなること、あるいは、工業化の進展によって、従来未加工のまま輸出されていた一次産品が加工品として輸出されることにより、一次産品の輸出がなくなること。

企業の現地生産により,投資国から被投資国への輸出が現地生産品に代替されて輸出が減少すること。さらに現地生産が進むと,投資国に現地生産品が輸入(逆輸入)される。

産業の空洞化】
主要産業が国際競争力強化のためコストの割安な海外へ進出し,その結果国内の製造業が衰退化すること。1980年代後半から進んだ円高のため,自動車・電子機器・半導体などの輸出依存型産業では,海外の現地生産化が進んでいる。






2007-03-10 (土) 21:49:16 (4601d)