優生学

「優生学」についてのメモ。優生学とは…
HOME > 優生学

eugenics ユージェニックス

優生学 †

 人類の遺伝的素質を向上または減退させる社会的要因を研究して、悪性の遺伝的素質を淘汰し改善をはかることを目的とした応用遺伝学の一分野。

 1883年イギリスの遺伝学者 F =ゴールトンが提唱。

  • もともと優生学とは,文明化の進んだ社会では自然選択が機能しなくなる恐れがあるから,人為選択の原理を人間社会のなかに導入する必要があるという発想から生まれたものであり,人間の遺伝形質になんらかのかたちで手をくわえようとする試みの全般を指す。
  • 細かく言えば,よい遺伝形質の増加を目指す「積極的優生」と,悪い遺伝形質の減少を目指す「消極的優生」とに区別される。
  • 現在の先端医療における遺伝子治療の技術は,消極的優生との関連で,その発想の是非がいまなお議論の的となっている。
  • このような優生政策を国政の基本に据えたのがかつてのナチス・ドイツであり,優生思想はヒトラーによってユダヤ人虐殺政策の理論的根拠として利用された。





2007-03-10 (土) 21:49:18 (3911d)