優先株

「優先株」についてのメモ。優先株とは…
HOME > 優先株

優先株 †

  • 配当または残余財産などの分配を,普通株より優先的に受けられる株式。議決権はない。

後配株

preferred stock
株式会社が数種の株式を発行する場合に,通常発行する普通株に対し利益配当や残余財産の分配などについて優先的地位を認められている株式(商法222)。このようにすれば会社の業績が不振の場合でも,株式の募集を容易にすることができる

普通株/優先株/劣後株(common stock / preferred stock / deferred stock)〔証券・マーケット〕
標準となる普通株に比べて、配当や企業が解散する場合の残余財産の分配などについて優先権をもつ株式が優先株である。
株主総会での議決権がない代わりに、普通株より高配当が期待できる。企業にとってはコストがかかるが、会社の支配権を維持したまま資本を調達できるため、諸外国では活発に発行が行われている。また、権利関係において劣位にある株式が劣後株である。購入者は発行会社と特殊な関係にあることが多い。






2007-03-10 (土) 21:49:18 (3757d)