蘭学

「蘭学」についてのメモ。蘭学とは…
HOME > 蘭学

蘭学 †

江戸中期以降、オランダ語によって西洋の学術・文化を研究した学問。享保年間(一七一六〜一七三六)、青木昆陽・野呂元丈(のろげんじよう)の蘭書の訳読に始まり、前野良沢(まえのりようたく)・杉田玄白・大槻玄沢(おおつきげんたく)ら多数の蘭学者が輩出、医学・天文学・暦学・兵学・物理学・化学など自然科学全般にわたった。

江戸中期以後、オランダ語により西洋の学術・文化を研究する学問の総称。幕府の鎖国政策により開国までの間、西洋知識導入の唯一の窓口となり、青木昆陽・杉田玄白・前野良沢・大槻玄沢ら多数の蘭学者が輩出、医学・数学・兵学・天文学・暦学などの諸分野にわたった。






2007-03-10 (土) 21:49:29 (4547d)