利子率

「利子率」についてのメモ。利子率とは…
HOME > 利子率

interest rate 利率 金利

利子率 †

  • 元金に対する利子の割合。
  • 年利・日歩(ひぶ)などで表す。
  • 金融取引とは、基本的に資金の貸借取引であり、現在の購買力と将来の購買力とを交換するという異時点間の取引である。資金の貸借取引において、通常、将来時点で返済される資金と現時点で貸し出される資金の額は一致しない。この二つの資金の差額は,貸し手の資金供給に対する報酬であるが,これを利子あるいは利息と呼び,また現時点で提供される資金に対する利子の割合を利子率ないし金利と呼んでいる。
  • ケインズは,有名な「流動性選好説」を展開するなかで,「利子率とは,流動性を手放すことに対する報酬である(the rate of interest is the reward for parting withliquidity)」と述べ,またケインズ以前の古典流の多くは,利子率とは,貸し手が消費を一定期間断念し貯蓄することの対価であるとみなしている。このように,利子率の本質をどのようにとらえるかについてはさまざまの考え方があるが,それが現在の購買力と将来の購買力を交換する「価格」の働きをしている。

参考:古川顕『テキストブック 現代の金融』東洋経済新報社






2007-03-10 (土) 21:49:30 (5153d)