李氏朝鮮

「李氏朝鮮」についてのメモ。李氏朝鮮とは…
HOME > 李氏朝鮮

李朝

李氏朝鮮 †

朝鮮の最後の統一王朝。1392年、太祖李成桂が高麗(こうらい)を滅ぼして即位、翌年国号を朝鮮と定めた。漢城(ソウル)を首都とし、朝鮮半島全土を領有。16世紀末から豊臣秀吉の大軍の侵入を受け、17世紀には清に服属。日・清の対立後の1897年に国号を大韓帝国と改称。日露戦争後日本の保護国となり、1910年、日本に併合されて滅んだ。朱子学中心の文教政策のため、金属活字による図書文化が発展。

李成桂(りせいけい)が高麗(こうらい)を倒して建国(1392-1910)。国号は朝鮮。都は漢城(ソウル)。領土を朝鮮半島全域に拡大し、第四代世宗(せいそう)の時全盛。1897 年国号を大韓と改めたが、日露戦争後、日本の保護国化、1910 年韓国併合で滅亡。儒学、特に朱子学中心の文教政策により、図書の出版、活字印刷、ハングル制定など、文化が興隆、日本に多大な影響を与えた。

李氏朝鮮の政治

  1. 南海による中央集権
  2. 朱子学を国学
  3. 訓民正音を制定
  4. 世界初の活版印刷発明





2007-03-10 (土) 21:49:31 (3634d)