両税法

「両税法」についてのメモ。両税法とは…
HOME > 両税法

両税法 †

中国で、唐代から明代にかけて行われた税法。均田制の崩壊に対し、780年、宰相楊炎の建議により、従来の租庸調に代わるものとして制定・施行された。現住地に戸籍を定め、資産の多少に応じて等級を定め、夏と秋の2回に分けて徴収するものとした。

中国、唐の徳宗の時に制定された税制。780 年宰相楊炎の建議による。均田制の崩壊に伴い、租庸調に代えて、土地税と資産税を夏秋二期に徴収した。

  • 両税法
    • 徳宗の治下、宰相楊炎の建議で租庸調制に代わって実施された税制。現住地の現有財産に夏と秋の年2回徴税した。租庸調制が「量入制出」と物納を原則としたのに対して「両税法」は、「量出制入」(歳出に応じた歳入額の決定)と銭納が原則となったり「量出制入」は、担税者にとっては、不利な原則であった。
    • 背景
      • 安史の乱後の均田制、租庸調制崩壊と客戸(税を負担しない戸)の増加などによる国庫収入の激減。租庸調制の本籍地課税は、本籍地にいない客戸に課税できないため、現住地の現有財産課税が考案された。





2007-03-10 (土) 21:49:43 (4063d)