倫理学

「倫理学」についてのメモ。倫理学とは…
HOME > 倫理学

とりあえず

倫理学 †

〔井上哲次郎による ethics の訳語〕道徳・倫理の起源・発達・本質などを研究対象とする学問。その中心問題は道徳規範と善の問題である。論理学(または認識論)・美学とともに哲学の基本的部門とされてきた。

メタ倫理学
〔metaethics〕一定の道徳的立場を擁護することを避け、道徳的言語の形式的分析に集中する倫理学説。例えば「善とは単純で非自然的な質を意味する名辞である」という命題はこれに属する。
⇔規範的倫理学

規範的倫理学
〔normative ethics〕具体的・実質的規範の定立にまで踏み込む倫理学説。たとえば、「人種差別は悪である」という命題を正しいとする立場。

⇔メタ倫理学

応用倫理学
〔applied ethics〕1970年代から開拓された倫理学の新しい分野。倫理の原理的探究ではなく、テクノロジーの発達が引き起こす諸問題に対応しようとする。生命・医療倫理、環境倫理、ビジネス(職業)倫理、コンピューター倫理などの総称。






2007-03-10 (土) 21:49:46 (3764d)