歴史物語

「歴史物語」についてのメモ。歴史物語とは…
HOME > 歴史物語

歴史物語 †

  • 平安時代後期になると,貴族の栄華という歴史的事実を懐古的物語風に述べる歴史物語がさかんに執筆されるようになった。また,歴史物語には出来事を年月順に記述する編年体と,本紀(王の系譜と業績)・列伝(主要人物の生涯)という二つのパーツからなる紀伝体がある。
  • 『栄花物語』(作者未詳 11世紀)
    • 最古の歴史物語。藤原道長の栄華を中心に編年体で描く。
  • 『大鏡』(作者未詳 12世紀初め)
    • 藤原道長を中心に宮廷生活の歴史を紀伝体で描き,四鏡(『大鏡』『今鏡』『水鏡』『増鏡』)の最初に位置する。大宅世継と夏山繁樹という二人の老人と若侍の三者の対話から物語が進行し,摂関政治への批判がみられる。





2007-03-10 (土) 21:49:51 (4214d)