連歌

「連歌」についてのメモ。連歌とは…
HOME > 連歌

れんが

連歌 †

  • 集団で楽しめるような娯楽として,連歌が成立した。連歌とは,一首の和歌を二人で上の句と下の句を詠み合う合わせ遊びである。

短歌の上の句(五・七・五)と下の句(七・七)との唱和、あるいは上の句と下の句とを一人または数人から十数人で交互に詠み連ねる詩歌の形態の一。万葉集巻8にみえる尼と大伴家持との唱和の歌に始まるとされ、平安時代にはこの短歌合作の形の短連歌が盛行したが、院政期ごろから長・短句を交互に連ねる長連歌(鎖連歌)が発達、鎌倉時代以後は百韻を定型とするようになり、ほかに歌仙・五十韻・世吉(よよし)などの形式も行われた。さらに各種の式目(しきもく)も制定され、室町時代に最盛期を迎えたが、江戸時代に入って衰えた。室町末期には俳諧連歌が興り、江戸時代の俳諧のもとをなした。つづけうた。つらねうた。

古典詩歌の一体。短歌の上下句を分けて二人で問答唱和することに始まり、万葉集に大伴家持と尼との唱和の例がある。平安時代に入って歌人の余技として即興的・遊戯的に行われ、長短二句の短連歌が多かったが、やがて第三句以後を連ねる鎖連歌(長連歌)の形式を生み、鎌倉時代に盛行した。次第に、規則としての式目(しきもく)もでき、和歌的な有心(うしん)連歌が発達、これに対して諧謔(かいぎやく)性の強い無心(むしん)連歌も行われたが、南北朝時代に准勅撰の「菟玖波集」が生まれたことによって有心連歌(純正連歌)が芸術詩として確立。さらに、心敬・一条兼良(かねら)・宗祇らにより幽玄・有心の理念がおしすすめられ、室町時代に大成したが、江戸時代に入って衰退した。室町時代の末には俳諧連歌が盛んになり、江戸時代の俳諧の基を成した。独吟もあるが、原則として「座の文芸」である点に特色がある。つらねうた。つづけうた。

連歌の成立 †

連歌の始まりは,平安時代の短連歌・鎖連歌。

  • 平安中期以降:短連歌の成立
    • 「五・七・五」と「七・七」の二旬からなる短い歌
  • 平安末期:鎖連歌
    • 「五七五・七七・五七五・七七…」というように数旬以上つなげる歌
  • 鎌倉時代
    • 有心連歌(柿本派・優雅中心)
    • 無心連歌(栗本派・滑稽中心)

鎌倉時代になると著名な歌人も連歌を詠み始め,和歌的優雅さを主とする有心連歌と滑稽を中心とする無心連歌が生まれた。

連歌の確立 †

南北朝時代には,武士や庶民にも連歌を楽しむ風習が広まった。二条良基がルールを定め(『連歌新式(応安新式)』1372年),有心連歌隆盛の基礎をつくる。二条良基の作品として以下のようなものがある。

・『菟玖波集』(救済・二条良基撰)

  • 最初の連歌集で準勅撰(救済は良基の師にあたる)
  • 『筑波問答』(二条良基)
    • 連歌論書

連歌の完成 †

  • 室町時代(応仁の乱のころ),飯屋宗祇によって俳諧の芸術性が高められ,純正連歌が完成した。

・『新勅4菟玖波集』(飯尾宗祇・撰):勅撰集
・『吾妻問答』(飯尾宗祇作):連歌の作法を丁寧に説く
山崎宗鑑によって,戦国時代には滑稽を主とする俳諧連歌生み出された。






2007-03-10 (土) 21:49:53 (4975d)