労働基本権

「労働基本権」についてのメモ。労働基本権とは…
HOME > 労働基本権

労働基本権 †

  • 労働者の生存の確保のために認められる基本的権利。
  • 憲法の保障する労働権・団結権・団体交渉権・争議権の総称。
  • 日本国憲法では基本的人権の保障を柱の一つにしている。基本的人権のうち,労働者の権利が労働基本権である。
    • 第27条の勤労権
    • 第28条の団結権,団体交渉権,団体行動権(労働三権)

正当な労働行為については民事上・刑事上の免責がある。

ただし,公共の福祉のために公務員の労働三権は制限されており,一般公務員の争議権は認められていない。警察・消防などは三権すべてが認められていない。

  1. 勤労権
    • 労働する意思のある者が働く権利。国家はこれに対して勤労の機会を提供。
  2. 団結権
    • 勤労者が自らの利益を主張し,守るために団結する権利。労働組合を作る権利。
  3. 団体交渉権
    • 労働条件について労働者が団体で使用者と交渉する権利。
  4. 団体行動権(争議権)
    • 団体交渉以外の方法で主に労働者が行う団体行動を行う権利。
    1. ストライキ(同盟罷業)
      • 労働者が団結して労働の提供を一時拒否すること。
    2. サボタージュ(怠業)
      • 労働は形式的に提供するが,作業能率を意図的に落とすこと。
    3. ボイコット(不買運動)
      • 会社の製品を買わないように運動すること。
    4. ピケッティング
      • ストライキ破りを防ぐために事業所人口に監視ラインを作ること。
    5. ロックアウト(事業所閉鎖)
      • 労働者側のストライキなどに対抗して、使用者側が事業所を閉鎖し,労働者の労働の提供を拒否すること。





2007-03-10 (土) 21:49:58 (3933d)