2・26事件

「2・26事件」についてのメモ。2・26事件とは…
HOME > 2・26事件

二・二六事件

2・26事件 †

  • 陸軍の皇道派青年将校が武力による政治改革を目ざし、下士官・兵を率いて起こしたクーデター事件。
  • 1936年(昭和11)2月26日未明、首相官邸・警視庁などを千四百余名の部隊で襲撃、斎藤実内大臣・高橋是清蔵相・渡辺錠太郎教育総監らを殺害、国会議事堂・首相官邸周辺を占領した。
  • 翌日東京市に戒厳令が公布され、二九日反乱は天皇の命令で鎮圧された。将校の大半は死刑
  • これにより岡田内閣にかわった広田内閣は陸軍の要求で軍部大臣現役武官制を復活、以後、統制派を中心とする軍部の発言権が強化された。

二・二六事件と軍事独裁体制の確立 †

軍部独裁体制の確立の契機となった陸軍皇道派の青年将校によるクーデター。
 皇道派は荒木貞夫、真崎甚三郎らを中心とし、北一輝らの思想を背景に思想的、観念的な直接行動によって国家改造を唱える一派で下級将校に支持者が多かった。この事件後は、国内体制の確立と国防国家の建設を目標とし、永田鉄山(1935年皇道派によって殺害)、東条英機を中心に上級将校に支持者の多い統制派が軍の主流となっていった。 






2007-03-10 (土) 21:29:06 (3878d)