2007年問題

「2007年問題」についてのメモ。2007年問題とは…
HOME > 2007年問題

2007年問題 †

  • 2007年に、約670万人に上る団塊の世代が大量に退職し始める。この大量の雇用労働者の退職について深刻な危惧が浮上している。
  • 2007年には総人口も減少を開始することが想定されており、人口減社会が本格化する。
  • 2007年問題とは、このような人口の構造及び規模が大変化し、労働市場が大きく様変わりする社会的問題のこと。
  • 企業を支えてきた団塊の世代の退職に多くの企業(とりわけ製造業)が危機感を抱いている。さらに、少子化や人口減の影響により、将来的に優秀な若年・中堅層の労働力確保が難しくなるなどの不安も指摘されている。戦後、日本経済は人口増加の下で長期の経済成長を続けてきたが、この期間に形成された企業や社会の仕組みは、これらを前提としたものが少なくない。団塊の世代の定年と人口減社会の本格化に伴い、今後は変更を余儀なくされる。

知恵蔵2006(人口)を参照






2007-03-10 (土) 21:29:05 (5112d)