EUとアジア

「EUとアジア」についてのメモ。EUとアジアとは…
HOME > EUとアジア

EU

EU-アジア関係 †

東アジアへの教訓 †

地域主義に関するヨーロッパと東アジアの認識の違い。

  • 東アジアではなぜ進展が遅いか。
  • ヨーロッパの諸国は似通っているから地域統合がしやすく、東アジアは文化の多様性が大きい。
  • ヨーロッパにおける多様性。不可避的プロセスであったわけではない。残虐な歴史に端を発して、政治的、経済的、社会的な強い意志に基づいてなされてきた。
  • 文化的政治的な違いを乗り越えてきた。
  • 東アジアはこうした。経済的な面に限られる。
  • FTA
  • 農業問題が浮上する。ヨーロッパにおいても難問。
  • 過去の歴史の処理。冷戦大勢が依然として残されている。
  • 第二次世界大戦。「軍事大国」としての日本。

ヨーロッパにおいて「国家」概念は相対化されていったのに対し、アジアでは絶対的な存在。欧州においては、「健全なナショナリズム」などありえず、いかなるナショナリズムも疑問視されてる傾向。

東アジアではむしろ逆で、絶対的な存在。

ex)愛国心の人工的な育成を目論む

教育基本法、憲法






2007-03-10 (土) 21:29:17 (3702d)