GHQ

「GHQ」についてのメモ。GHQとは…
HOME > GHQ

General Headquarters 連合国最高司令官総司令部

GHQ †

  • 1945年(昭和20)アメリカ政府が設置した対日占領政策の実施機関。マッカーサーを最高司令官とし、占領政策を日本政府に施行させた。
  • 1952年(昭和27年)、サンフランシスコ講和条約の発効とともに廃止。

GHQの日本占領政策の特色 †

  • ドイツの占領における分割占領、直接統治に対して、日本の占領では、アメリカのGHQによる事実上の単独占領、間接統治(行政は日本政府を媒介)を特色とする。
  • 政党政治の復活と女性の参政権獲得、労働組合法の公布による組合結成が、組織の拡大と運動の激化を生んだので、GHQは労働政策を転換し、公務員のストを禁止した。太平洋戦争末期以来の悪性インフレーションの進行に対して、経済安定9原則指令とドッジ・プラン(財政均衡、徴税強化など)が実施された。

占領政策 †

新憲法の制定 †

  • マッカーサー指令案をもとにした改正案が帝国議会で審議され、日本国憲法が1946年11月3日公布(翌47年5月3日施行)された。主権在民、戦争放棄、基本的人権の尊重などが特色である。民法も改正され、戸主権、家父長権が廃止された。





2007-03-10 (土) 21:29:22 (3668d)