IRA

「IRA」についてのメモ。IRAとは…
HOME > IRA

北アイルランド紛争

IRA, I.R.A.
Irish Republican Army

IRA

アイルランド共和国軍。北アイルランドをイギリスから奪還しようとするカトリック系の反英組織。

IRA(アイルランド共和軍)(Irish Republican Army)〔西欧〕
人口一五〇万の三分の二をプロテスタントが占める北アイルランドにあって、イギリスからの離脱とアイルランド共和国への統合を唱えるカトリック系の武装集団。一九六九年にカトリック系の公民権運動が流血の紛争に突入し、イギリス治安部隊が常駐を始めるとIRAはテロ活動を活発化し、七九年のマウントバッテン卿の爆殺、九二年のロンドン金融街シティーでの爆弾テロとエスカレートしていく。和平への努力が続けられるなかで九四年四月、IRAはプロテスタント過激派との間でいったん停戦に合意するが、交渉が進展しないのに業をにやしたIRAは九六年二月爆弾テロを再開した。ブレア新政権が示した「再停戦に応じれば、シン・フェイン党の和平会議への参加を認める」という提案に応じて、九七年七月、再停戦を発表した。IRA主流派の話し合い路線に不満をもつ過激派は、「真のIRA」(Real IRA)という分派を結成し、九八年八月一五日、北アイルランドのオマー市の繁華街で乗用車に積んだ爆弾を爆発させるテロ活動を行い二八人が死亡するという紛争史上最悪の惨事となった。






2007-03-10 (土) 21:29:24 (4734d)