ODA

「ODA」についてのメモ。ODAとは…
HOME > ODA

Official Development Assistance

ODA †

  • 政府開発援助のこと。
  • 先進国の政府機関によって、発展途上国や国際機関に対して行われる経済援助。
  • 贈与・借款・賠償・技術協力などの直接的援助のほか、国際開発機関への出資・資金供与がある。

政府開発援助

先進国の政府機関が発展途上国の経済発展、生活レベルや技術力などの向上のために支援を行うこと。資金の贈与や賠償、国家間で資金の貸し借りを行う借款、技術援助などの形がある。贈与的要素が25%以上あるものが、ODAとしてカウントされる。

日本のODAは民間投資との連携、海外での資源開発との結びつきの中で拡大し、援助規模は世界最大水準になっている。だが、無償資金協力のウエートが他の先進諸国に比べて低いうえ、日本政府が認めた日本企業が援助を行う、いわゆる「ヒモ付き援助」が多かったことから、「日本のODAは日本の利益につながっている」との批判が目立っていた。

こうした批判をうけ、日本政府は92年6月、ODAに関する基本理念をまとめたODA大綱を閣議決定した。原則として、

  1. 環境と開発の両立
  2. 軍事目的や国際紛争助長に使わないこと
  3. 被援助国の軍事支出、大量破壊兵器・ミサイルの開発・製造、武器の輸出入の動向への注意
  4. 民主化促進、市場経済の導入、基本的人権・自由の保障への注意

を掲げている。援助の重点地域として、アジア、LLDC(後発発展途上国)への配慮を打ち出した。

毎日新聞 2003年8月29日 東京夕刊






2007-03-10 (土) 21:29:30 (3759d)